CATEGORY

パーキンソン病

パーキンソン病は振戦、寡動、筋強剛、姿勢反射障害などの運動障害を主な症候とし、通常40-70歳で発症する進行性の神経変性疾患です。本邦における患者数は約14万人です。従来その数は、欧米よりもはるかに少 […]

Read more

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

筋萎縮性側索硬化症(以下:ALS)は運動ニューロンを選択的に侵す、原因不明かつ治療法のない神経変性疾患です。主に壮年期以降に誘因なく発症し、数年で死に至る難病です。本邦における患者数は約9,000人前 […]

Read more

アルツハイマー病

脳内の神経細胞だけに遺伝子発現させるウイルスベクターに、アミロイドβペプチド(Aβ)を分解する酵素「ネプリライシン」の遺伝子を組み込み血管内投与することで、脳内のアミロイドやAβオリゴマーの量を減少さ […]

Read more

分子イメージング

当社が研究している遺伝子治療では、症状の診断及び治療後の評価にモレキュラー(分子)イメージング技術を活用いたします。モレキュラーイメージング(MI)とは、生体内での細胞や分子プロセスに関わるコミュニケ […]

Read more